スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保証協会|設備枠での融資

あるクライアントさんが「設備投資」が必要となり、昨日、保証協会へ相談に行ってきました。

かれこれ、この「設備投資」の相談を受けて3ケ月になるのですが、当初は「返す金はかりたくない。出資を受けて、これで公開を目指す!」という社長の強い要求があったので、その社長の見立てによる「一流どころ」の「ベンチャーキャピタル」数社に話しを持っていきました。

「事業計画/収支見込/資金繰り」をまとめたプレゼン資料を準備し、一社あたり、3時間くらいのプレゼンとその後の打合せで、一社あたり、6~7時間かかったか。

一段落して、約1ヶ月位で、各社から連絡があり、予想通り「今回は残念ながら・・・」という趣旨のものでした。

ベンチャーを利用することが、「融資」に近い感覚のようなところがあり、また、株式公開をすることを含め
「そんなに甘くない」ということを、社長は身をもって知ったようでした。

それで、今度は「融資」を模索することに。

決算書の中身は、融資側の観点では、限りなく0点に近いもの。例えば「役員長期貸付金」などなど・・・

幸い利益が少し出ていたので、何とか銀行担当者に事業の成長性・安定性などを説得しなんとか「事業資金」の融資を受けられました。

しかし、まだ「足らない!」

今度は、設備を「リース」でということで、リース会社に片っ端に連絡(私はノータッチ)。

数社で、周辺の設備のリースを引き受けてもらえたようですが、結局最後の大物(5千万強)の引き受け手はなく、棚上げに。

これが決まらないと、この事業は「X」になってしまう。

結局「返す金はかりたくない」といっていた社長も、さらに融資で話しを進めることに。

絵に描いたような「金融関係の神経質そうなお兄さん」が相談を受けてくれ「2千万円くらいは・・・」みたいなニュアンスでした。

今日、銀行担当者を通して、申し込みをしました。さて、どうなることやら。



■ 定款作成、設立登記、記帳代行など … 『oPPo|おっぽ|OPプランニング』にご相談下さい!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。