スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「借りる・もらう」話し

「借りる・もらう」 … 何を?

えげつないですが「お金」です。

「緊急対策」として、業績の悪くなった中小企業に「特別枠」で貸付る
「麻薬」のような制度が、終わりを迎えようとしているようです。

「特別枠」で借りたお金で「利益」を生んでいれば「本当に良かったね~」と言えますが
現実には、借りる前と同じで「売上も伸びないし、利益も出ない」という会社が
ほとんどではないでしょうか。

私の関わっている会社でも、数社は「セーフティネット保証制度」を利用していますが
7割は、利益出ていないな~

ということは「延命処置を施しましたが、残念でした」という状況が
近い将来やってくるってこと!? と私は現状では理解しています。

そんな状況なので、アドバイスできるように
平成17年4月にから施行されている『中小企業新事業活動促進法』を利用して、
お金を「借りる・もらう」方法のアウトラインを「今さら~」ながらに学んできました。

この法律による審査をパスすると
「元気があって、前向きな企業(個人事業も含む)」というお墨付きが貰えます。
そうすると、
「融資(借りる)」では、保証協会の「特別枠」がもらえて、融資の枠が増えたり
「助成金・援助金(もらう)」では、対象になる率が上がる
というメリットがあります。

この制度は「セーフティネット保証制度」と同じ「中小企業庁」が所管省庁となり
各都道府県が審査の窓口になっています。

しかし、その審査が難しいという悪評。

「落とす」審査のようになっている感があるようなので、
実態と「審査に通る」にはどうするか? ってヒントを少しだけもらってきました。

みな必死なんだから、元気になりたいよね~

もう少し研究したら、また続きを書きます。

銀沙灘



■ 定款作成、設立登記、記帳代行など … 『oPPo|おっぽ|OPプランニング』にご相談下さい!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。